室内ドアのリフォーム

扉 リフォーム

こんにちは、ならリフォです


お家の扉で不便に思う事はありますか?

車イスを利用されてる方は特に感じることあると思うのですが、
開き戸を開けたとき、扉が邪魔になり出入りが大変。
大きい荷物を持っているときなど、通るのにあくせくする事あると思います。


扉もリフォームが可能ですので、ご紹介していきます。
きっと少しは生活を楽にできるかもしれません。


開き戸 ならリフォ
         開き戸

片引き戸 ならリフォ
         片引き戸
折れ戸 ならリフォ
         折れ戸
        

ドアの種類は挙げればもっとたくさんあるのですが、
よく使われているのは上記の扉です。


リフォームで多いのは、開き戸から引き戸へのリフォームです。



【メリット】
・扉を開けた時に開き戸のように可動域で場所を取らないので邪魔にならないこと
・開閉する際、開き戸のように身体の動きが少なくて済むので、高齢者や身体の不自由な方にも使い易い
・風でバタンと締まることがないので通風しやすいこと



【デメリット】
・気密性が取りにくいこと。気密性が低いということは、隙間風が入りやすく、音がもれやすい
・引き戸の床のレールにゴミが溜まりやすいこと
・引き戸は開き戸に比べると、扉枠の量が倍になるので、値段が高くなる


引き戸にすると便利になりますが、デメリットもあります。
そのデメリットも考慮した上でリフォームをお考えくださいね。

xmje1panna1
施工が簡易的で、リフォームでよく使われる
『アウトセット引き戸』というものがあります。


アウトセットとは、壁の外側に扉があり、そこで開閉する引戸(吊り戸)の事をいいます。
通常であれば、今付いているドア(開き戸等)を引戸にリフォームしたい時は、一度ドア横の壁を壊し 引戸の枠を付けます。
しかし、アウトセットシステムの金物を使うと、壁や枠を利用し 吊り戸式の引戸にすることができます。
目隠ししたい空間がある、玄関からの冷気をシャットアウトしたいなど、アウトセットが空間をさりげなく仕切ってくれます。



【メリット】
・吊り戸なので、床側のレールがないので床はフラットになる(レールが無いため、ごみが溜まらない)
・吊り戸式であるため戸を引く音が静か
・施工が簡易的でリフォームしやすい


【デメリット】
・吊り戸式なので通常の引き戸に比べると壁と扉の間に隙間が空いてしまう
・隙間が空きやすいので、気密性が低く音や空気が漏れやすい


開き戸から引き戸にリフォームする場合、壁を取り除く方法があります。
ですが構造上取り除くことのできない壁があります。
建物を支える壁を開口してしまうと、建物自体の耐震性が低下するからです。


あと、電気配線が通ってる壁も、配線を変えないといけませんので追加工事がかかってきます。
コンセントは設置されている壁は要注意です。




家はドアの使い方次第で住みやすくもなったり、その反対で住みにくい家にも早変わりします。
ドアを上手く使いこなして、どれだけ住み心地の良い家にしていきたいですね。

メリット・デメリットを把握して住み心地のよい家にしてほしいと思います。




新築・リフォームのご相談ございましたらお気軽にお問合せください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私たちは地元の奈良県奈良市・生駒市・大和郡山市・香芝市・橿原市・大和高田市・御所市を中心に
キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・トイレ・洗面所などの水まわりのリフォーム工事の専門店です。
小さな工事でも喜んでお伺いさせていただきます。
ならリフォ(フリーダイヤル:0800-200-0155)までお気軽にお問い合わせください。
調査・見積もりは無料です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


お風呂 ならリフォ ラインディング

キッチン ならリフォ ラインディング