タイル張りのお風呂をユニットバスにリフォームするメリット・デメリット

奈良 お風呂 リフォーム
こんにりは、ならリフォです

みなさんのお家のお風呂は、寒くないですか?
爪先立ちでお風呂場へ…なんてことありませんか?

お風呂は在来工法のタイル張りが定番でしたが、冬場は寒く、夏場はカビが生えやすくお手入れも大変だと思います。
今はお手入れがしやすく断熱性も高いユニットバスが主流です。

システムバスにリフォームするメリット・デメリット」をお伝えします。


1つ目は、掃除が楽になります。

タイル張りの場合、タイルとタイルの間に汚れが溜まりやすく、カビも生えやすいため、掃除が大変です。
一方、ユニットバスは数枚のパネルを組み合わせて浴室の壁や床を作るので、継ぎ目も少なく汚れが溜まりにくく、楽に掃除ができます。


2つ目は、断熱性の高さ。

タイル張りの場合、冬の寒さで床のタイルは触ると冷たく、爪先立ちで入浴なんてことも。
一方、ユニットバスは壁や床のパネル下地に断熱材を使用する事もでき、浴室全体があたたかく、ヒートショック現象になりません。


3つ目は、リフォームコストを抑えられる。

在来工法のタイル張りのお風呂をリフォームするときは、床・壁のタイルを剥がし張り直す事になります。
でも、ユニットバスからユニットバスのリフォームならパネル等を交換するだけで施工できます。




ユニットバスは、マンションや戸建て用でもサイズがあらかじめ決められている為、自由に浴室のサイズを決めることができません。
既存の浴室の大きさとユニットバスの規格が合わない場合は、間取りを変えたりしなくてはなりません。
規格が合わない浴室には、パネルを貼るだけでユニットンバス風にリフォームする事ができる製品もあります。




あと、考えなくてはいけないことは、工事期間中のお風呂問題です。
工事期間は1週間ほどですので、近くの銭湯など対策を考えておかなくてはいけません。
(タイル張りからユニットバスにリフォームする場合やサイズ差により工事期間が1週間以上かかる場合もあります)



毎日使うお風呂、1日の疲れを癒してくれる場所です
お風呂をリフォームして、より快適な空間にしませんか??





リフォームするにあたって、まず「現場調査」をして状況やサイズなど確認する必要があります。
それをもとに、見積もりを作成させていただきます。
調査、お見積もりは無料です。
小さな工事でも喜んでお伺いさせていただきます。
ならリフォ〈0800-200-0155(フリーダイヤル)〉までお気軽にお問い合わせ下さい♪

浴室ランディングページ

キッチンランディングページ