集成材と無垢材

こんにちは、ならリフォです。
最近マスクの蒸し暑さを実感しています。
そして、マスクによる肌荒れ。早くマスクなしの生活に戻りたいですね。

さて今回は木材のお話です。
家を建てるにあたり使う素材って気になりますよね。
そんな中で無垢材や集成材というは言葉を耳にしたことがあると思います。
しかし、その違いについては・・・という方のためにメリット・デメリットをご紹介したいと思います。


ならリフォ ブログ

無垢材とは伐採した木をそのまま柱や梁などに加工した木材の事です。
切り出した木は多量の水分を含んでいる為曲がったり反ったりします。
それらを防止するために乾燥させます。
じっくり年数をかけて乾燥させる方法と短期間で人工的に乾燥させる方法があります。
本物の木を使用していることから重圧感や木のぬくもりが強く感じられ、経年変化も楽しめます。
また、部屋の中が乾燥していれば水分を放散し、湿気が多い時には空気中の水分を吸収するなど、湿度を調整してくれるというメリットがあります。
また、集成材と違い、接着剤等の人口材を使用していないため、強いアレルギーをお持ちの方でも安心して暮らすことができます。
ならリフォ ブログ

集成材とはカットされた小さな木材を接着剤で貼り合わせたものです。
ねじれや反りなどの狂いが少なく、品質が安定いている為必要な強度を確保しやすいのが特徴です。
最近では無垢材よりも多く使用されています。
価格に関してもある程度価格帯が決まっているので無垢材と比べると比較的安価になります。
デメリットとしては、やはり無垢材と違い木材の温かみが劣るという事です。
もう一つは、接着剤を使用しているため、それに抵抗を感じる人もいるようです。




このようにどちらにもメリット・デメリットがあります。
なのでどこにどの材料を使うか、例えば家は集成材を使用し、インテリアとして無垢材を使うなど、木の特性を生かして使い分けることもできます。
両方の特性を生かした使い方をしてみるのもいいかもしれませんね。



新築やリフォームのご相談ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。




私たちは地元の奈良県奈良市・生駒市・大和郡山市・香芝市・橿原市・大和高田市・御所市を中心に
キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・トイレ・洗面所などの水まわりのリフォーム工事の専門店です。
小さな工事でも喜んでお伺いさせていただきます。
ならリフォ(フリーダイヤル:0800-200-0155)までお気軽にお問い合わせください。
現場調査・見積もりは無料です。







お風呂 ならリフォ ラインディング

キッチン ならリフォ ラインディング