災害時でも使えるアウトドアグッズ!



災害 アウトドアグッズ ならリフォ



こんにちは、ならリフォです

東北地震から10年…
そのあとも熊本、北海道と大きい地震がありました。

そして、いつ起きてもおかしくないとされている南海トラフ地震。
奈良県も震度6~7ぐらいの地震が起こると言われています。

防災準備は出来ていますか?
災害の時しか使わないとなれば、なにを選べばいいのか悩みますよね…
その場合は、普段でも楽しく使えるアウトドア用品を選びましょう。
コロナ禍でのキャンプブームもあって、今はアウトドアグッズが豊富です。

リフォームとは関係ないですが…
アウトドア好きの有元が、普段キャンプしない方も、もっていて損はないアイテムご紹介します。



災害 アウトドアグッズ ならリフォ


卓上ガスコンロと違ってコンパクトのガスバーナーは、少しお湯を沸かしたり、簡単な調理ができます。バーナー部分は折りたためて持ち運びしやすく便利です。
バーナーと合わせて、直火で使えるコッフェル(食器)を持っているとどこでも調理ができ、災害時の快適性は上がります。
我が家では、登山や川に行ったときにコーヒーを飲むのが定番です。


災害 アウトドアグッズ ならリフォ

ランタンは、家庭にひとつあるといいキャンプグッズ兼防災グッズです。災害時以外にも、ちょっとした停電時にも使うことができます。
ガスバーナーにつけて使用できるものもありますが、災害時には乾電池で使えるLED式がいいと思います。

合わせて、ヘッドライトもあれば作業時の手元を照らしたり、暗い中を歩いたりするときに、額に装着できて両手が空くので活躍します。




災害 アウトドアグッズ ならリフォ

保温性のあるマット。

報道で目にしますが、避難所が設置されるのは、床張りの体育館等が多いですね。
マットがあれば、固い床にひいてシート代わりに使う事もできますし、寝袋を使う際にも下に引いておくと快適さがアップします。
厚手のものなら床からの冷気を遮ることができるので、寒さ対策にもなります。
我が家は座布団サイズがありますが、ボコボコした感覚が気持ちよく、ほんのり暖かいです。山で休憩するときも岩の凸凹は痛くありません。

サイズや種類は色々ありますので普段も使えそうなもの探してみてはいかかでしょうか?


災害 アウトドアグッズ ならリフォ

万能アイテム、ツールナイフ!

ナイフはもちろん、ハサミやドライバー、爪切りなどセットになっていて使える用途がたくさんあります。コンパクトですので、防災カバンに一つ入れておくととても便利です。



災害 アウトドアグッズ ならリフォ

必需品の非常食。
おすすめするのが、アルファ米の非常食です。お湯を入れて混ぜて数分待つと出来上がります。味の種類もたくさんあって、しかも美味しいんです。最近ではスーパーでも見かけます。

登山に行ったときはいつもこれを持っていきます。乾燥されてるので軽いですし、ゴミも少ないです。
商品によっては、5年常温保存できるので頻繁に買い替える必要もないです。





アウトドアグッズは防災でも使える!


アウトドア派じゃない人でも、簡単に扱えて便利なものをご紹介しました。
コロナ禍でなかなか外出できないので、気分転換にお庭やベランダでご飯を作ってみたりすると気分も上がると思います。

防災グッズ、楽しみながら備えてみてはいかかでしょうか?




新築やリフォームのご相談ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。



私たちは地元の奈良県奈良市・生駒市・大和郡山市・香芝市・橿原市・大和高田市・御所市を中心に
キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・トイレ・洗面所などの水まわりのリフォーム工事の専門店です。
小さな工事でも喜んでお伺いさせていただきます。
ならリフォ(フリーダイヤル:0800-200-0155)までお気軽にお問い合わせください。
現場調査・見積もりは無料です。