お部屋の色が与える心理の効果知ってますか?




こんにちは、ならリフォです

だんだんだんだん寒くなってきました…
寒くなっていつも思うのは、大阪と奈良の寒暖差(笑)
やっぱり奈良は寒いですね

寒くなると家の中でゴロゴロしがち
でも家はやっぱり落ち着きますね


お店やお友達の家に行ったときにも、自分の家かのようにすごく落ち着くときってありませんか
それは部屋のカラーやインテリアによって落ち着く心理効果が働いているんです


色によって効果が違うので、どの色にどんな効果があるのかご紹介しようと思います。




部屋の色のバランス

部屋 色 インテリア

まず部屋の色を考えるのに、バランスが大事です
インテリアで使う色を
・アソートカラー(協調色)
・ベーシックカラー(基調色)
・アクセントカラー(強調色)
の3つの色に分けて色を配分するといいと言われています。



アソートカラー(協調色)


部屋の中で、印象つけたい色をアソートカラー(協調色)と呼びます。
部屋の雰囲気をつくる色ですので、ボリュームとしては中程度、おおよそ空間の25%を目安に配分します。
色を配分するには、場所として目につきやすい位置にあり、面積のあるソファやダイニングテーブルや収納家具、カーテンなどがいいでしょう。
部屋の中心となる色ですので、色味が感じられる中彩度くらいの色がよく使われます


ベーシックカラー(基調色)


ベーシックカラー(基調色)は、アソートカラーの背景となり、アソートカラーを美しく映えさせるための色で、
空間の70%を目安に使います。
ボリュームが大きくなりますから、空間全体の雰囲気を作る色でもあります。インテリアアイテムとしては、床や壁、天井などの大きな面積に配分します。
背景となる部分で後からの変更もききにくいため、個性を抑えた色を使うことが多いです。一般的には高明度低彩度の色がよく使われます。


アクセントカラー(強調色)


アクセントカラー(強調色)は、部屋全体を引き締めたり、変化をつけたりする効果を考えて使う色です。
名前のとおり空間のアクセントとして、少量、目安としては5%程度加えるとよいでしょう。

空間を引き締めたり変化をつける色なので、強く印象に残るように、アソートカラーとは明るさ感や色味が対比となる色を使うとよいでしょう。
目に付きやすく小さなアイテム、例えば、クッションや絵、インテリア小物、植物などに使うことが多いですね。


それそれの色による心理効果

49ca8251fb361d96a187260bff2ef6bc
【緑】落ち着いたリラックスの色

木や草花を連想させるグリーンは、安心感をもたらしてくれる色。
さわやかなどのイメージから心を穏やかにする効果があるので落ち着きたい寝室や書斎、
寛ぎたいリビングにも向いた色といえます。


a65920beeac81e9643a0aa02db5b3b31
【青】 ぐっすり睡眠をとりたい方におすすめ

鎮静作用の強い寒色の代表色。水や空のイメージがあるので光によってさわやかにも陰気にもなる色です。
清潔感のイメージから水周りに、心を落ち着け睡眠の状態を整えるので寝室にも向く色といえます。
833a87c057103ec41bba399056082e87
【赤】 冷え性の方おすすめ

暖かさを与え、気力回復に役立つ赤には食欲増進の効果もあります。
広範囲ではなく、ワンポイントに使うことをおすすめします。
e23370c28bb541dcad60d493284d98d1
【オレンジ】 キッチンにぴったり、食欲増進の色

ビタミンカラーのオレンジは、元気を与えてくれる色です。
オレンジには、精神的な緊張を和らげたり、胃腸の働きを活発にしてくれる効果があります。
bad069a2f3652ead3da33d92dd12e870
【黄】 元気になる、幸福を表す色

神経を刺激して、集中力を高めたり、テンションを上げる働きを持っています。
黄色い光は交感・副交感神経を刺激するので、注意を喚起しやすく、
そのため道路工事や黄色信号などの注意サイレンによく使われます。

6c60f5942c6db4416a1a650af9f5c3b6
【ピンク】 心にリラックスを与えてくれる幸せの色

ピンクには、リラックス効果があります。性格を穏やかにし、攻撃的な感情がなくなります。
内分泌腺を刺激し肌のはりもよくなり、肉体的に若返る効果があります。
精神的にも、恋をしたり、若返ります。
81584c1d2c47c9efc256f74dfc8de856
【茶】 親しみの自然色

落ち着いた印象の茶色は、自然の色に近く、精神状態を安定させる効果が期待できます。
茶色のコーディネートをインテリアなど生活空間の中に上手に取り入れることで、
じっくりと落ち着いて考えた上で行動するようになると言われています。
5c06f23f52b73a880d2b5face7e60ce2
【ベージュ】 本能的に安心出来る保護色


ベージュ系の色は自然な柔らかさを感じさせるため、落ち着きを演出する場所には欠かせません。
ストレスを解消し、心身に安らぎをもたらす理想的な居住空間をお求めならベージュ系を使うと良いと言えます。
5f6dfbdcc3d7f96274252c4505895da9
【白】 洗練された純真を象徴する色

白を基調とした部屋は、どこか洗練された生活感を感じさせない色といえます。
白は、部屋を広く見せたいときにも効果的です。
ただ白一色にすると冷たすぎる印象になってしまいますので、程よく温かみのある緑色を配置するようにしましょう。

色の種類と効果をご紹介しました。


ご自宅はどうですか
癒しの空間になっていますか

我が家は緑、ベージュ、茶ばかりなので究極の癒し空間になってるようです
癒されすぎて家事をすべて放棄して寝て、翌朝後悔することもしばしば…
黄色を取り入れて、頑張ります


これからの冬支度によかったらご参考にしてください




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私たちは地元の奈良県奈良市・生駒市・大和郡山市・香芝市・橿原市・大和高田市・御所市を中心に
キッチンリフォーム・バスリフォーム・トイレ・洗面所などの水まわりのリフォーム工事の専門店です。
小さな工事でも喜んでお伺いさせていただきます。
ならリフォ(フリーダイヤル:0800-200-0155)までお気軽にお問い合わせください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

浴室ランディングページ

キッチンランディングページ