映画の中の建築 vol.1

こんにちは、ならリフォです

暖かくなってきて、ニュースで桜の開花予想が発表されてきました。
奈良県は3月30日ごろ予想されてます。
近所に桜の名所があって、ビール片手に夜桜を見にいくのが待ち遠しいです…


みなさん、映画は観ますか?
映画の中の建物ってすごく魅力的な建物が多いんですよね
CGじゃなく実際建ってる建物だったら、尚更見てみたい願望にかられて実際に行くことは出来ないので…
Googleマップを駆使して、見に行きます

個人的に映画の中の気になった建築を、ぼちぼちと勝手に紹介していきたいと思います(笑)



第1回目は、
『メン・イン・ブラック/MIB』


メン・イン・ブラック 建築 ならリフォ

1997年公開された、言わずと知れたSFアクション映画。
初めて見たときは、中学生ぐらいだったと思います。
映画に出てくる、愛嬌のあるキモ可愛いエイリアンたちが衝撃的でした。

映画には少ししか出てきませんが、主演のウィル・スミスが犯人を追いかけている場面で映る、
なんだあれ?と感じさせる存在感で気になった建築は、
『ソロモン・R・グッケンハイム美術館』です。


lego_architecture_003


ニューヨーク・マンハッタンにあり、設計したのは、近代建築の巨匠『フランク・ロイド・ライト』です。
主にアメリカ大陸で多くの作品があり、日本では「帝国ホテル ライト館」をはじめいくつか作品を残している建築家です。



映画 建築 ならリフォ

このソロモン・R・グッケンハイム美術館、
「かたつむりの殻」とよく形容される、らせん状の構造になっていて中に入ると中央部分が吹き抜けになっているようです。
実際美術館として使われているので、作品を見るときはまず最上部へ行き、らせん状の通路の壁にかけられた作品を見ながら進んで自然と降りてくる構造になっているようです。
独特すぎて建てるの大変だろうなと思ったら、色んな事があって実際完成するまでに10年かかったとか…
でも機能的な形に設計されてると思うとすごいですよね

こんな芸術的なものを残す方々の、頭の中はどうなっているのでしょうか…
岡本太郎が言った「芸術は爆発だ」という言葉みたいに、わたしの中の芸術的要素もいつか爆発しないかな…笑



私たちは地元の奈良県奈良市・生駒市・大和郡山市・香芝市・橿原市・大和高田市・御所市を中心にキッチンリフォーム、バスリフォーム、トイレ、洗面所など水廻りのリフォーム工事の専門店です。
小さな工事でも喜んでお伺いさせていただきます。
ならリフォ〈0800-200-0155(フリーダイヤル)〉までお気軽にお問い合わせ下さい♪

調査、相談、お見積もりは無料です。


浴室ランディングページ

キッチンランディングページ

PAGE TOP

関連するリフォーム調査中!スタッフブログを見る