樹脂?アルミ?仕様で変わる窓の効果




窓 断熱 ならリフォ 



こんにちは、ならリフォです

過ごしやすい季節になりました。秋は一番好きな季節です。
秋の味覚は美味しい、運動するには丁度いい気温、秋色の服が素敵…

でも朝と昼の寒暖差が激しいですね。

家の中も夏は暑い、冬は寒いですが、
新築工事では出来るだけ快適に過ごせるよう壁・天井・床に断熱材を入れます。

ただ、どうしても窓からは暑さ寒さは感じますが、
断熱効果の窓仕様にすれば軽減されます。


窓の仕様や効果について、ご紹介します。



サッシの種類


窓はサッシとも言われますが、本来は枠の事を言います。

窓の構造としては、枠(サッシ)+ガラス=窓 


窓 断熱 ならリフォ 


樹脂サッシとは、枠が樹脂(プラスティック)で出来ているサッシのことです。

樹脂サッシの最大のメリットは、断熱性です。
日本でも北海道は95%の普及率ですが本州ではまだまだです。
この断熱性の高さは、外気との温度差で生じる結露も防ぎますので、
結果的にカビやダニの繁殖を抑制するという効果もあります。

樹脂サッシのデメリットとしては、アルミやアルミ樹脂複合よりも価格が高価であること。




窓 断熱 ならリフォ 

アルミ樹脂複合サッシとは、
屋外側にアルミ、屋内側に樹脂を使った
複数の素材を組み合わせて製造されたサッシのことをいいます。

強くて耐久性のよいアルミは外側、断熱性の高い樹脂を内側にすることで、
それぞれの利点を生かしたサッシになります。


窓 断熱 ならリフォ 

アルミサッシは現在日本で最も多く使用されています。
加工も簡単なので入手しやすく、費用的に最も安く設置ができる種類のサッシです。

アルミの特徴の軽くて、強くて、耐久性がよいというメリットがありますが、
しかし現在は、アルミのデメリットである「熱を伝えやすい」(断熱性が低い)が
結露の原因になっています。


窓 断熱 ならリフォ 

日本でもアルミサッシの普及以前は木製サッシがほとんどでした。

木製サッシのメリットは、断熱性能の高さです。
樹脂よりもさらに断熱性能が高く、結露しません。

木製サッシは現在でも製造されており、
木の風合いがあり、見た目がとても良く最近人気も高まってきてます。

デメリットは、価格が高いことや塗装の劣化、腐食、金具の不具合で
メンテナンスがかかってしまうことです。




ガラスの種類



ガラスにも「断熱性」「遮熱性」など目的や性能に応じて様々な種類があるんです。


窓 断熱 ならリフォ 


単板ガラス

昔の住宅では一般的な単板ガラス(1枚ガラス)。
現在新築住宅で、単板ガラスを採用することはほぼないと思います。

窓ガラスのガラスが1枚ということで、ものすごく熱の出入りが大きく、
結露も起こりやすいです。



一般複層ガラス(ペアガラス)

現在住宅で一番多い窓ガラスの構成は、2枚から出来ている複層ガラスです。
ガラス+空気層+ガラスといった構成になり、ガラス面の冷えを防ぎ、結露を抑えます。



Low-E複層ガラス(高断熱・高遮熱)

ガラスの間に特殊な金属膜をコーティングした「Low-E複層ガラス」
遮熱性を高めたタイプと断熱性を高めたタイプがあります。



その他にも、トリプルガラス、5枚ガラス、防犯合わせ複層ガラスなど
たくさんの種類があります。




窓も断熱・遮熱することでさらに快適に


窓はサッシとガラスの組み合わせによって、より効果を発揮します。

家の構造全体、間取りや敷地条件などで窓の位置が決まってきます。
そこで必要とする機能や用途にあった仕様の窓をつけることで、
さらに家の中が快適になるはずです。


窓は取替はできませんが、「カバー工法」といって既存のサッシを付けたまま
新しい窓を取付けることは可能です。

これからの季節、窓際の冷気や結露が気になるところです。
窓のことも考えてみてはいかがでしょうか?



新築やリフォームのご相談ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。



私たちは地元の奈良県奈良市・生駒市・大和郡山市・香芝市・橿原市・大和高田市・御所市を中心に
キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・トイレ・洗面所などの水まわりのリフォーム工事の専門店です。
小さな工事でも喜んでお伺いさせていただきます。
ならリフォ(フリーダイヤル:0800-200-0155)までお気軽にお問い合わせください。
現場調査・見積もりは無料です。





お風呂 ならリフォ ラインディング

キッチン ならリフォ ラインディング