カーテンとブラインド、どっちがいい?お部屋に合わせて選ぶ窓まわり



カーテン ブラインド ならリフォ


こんにちは、ならリフォです

最近の悩みは、掃除をしてもすぐ散らかることです。
物が多い、使ったものを戻さない、服脱いでそのまま…と性格上の問題が大きいんですけど…

一層、模様替えをして物を置きにくい環境にしてしまえと思ってます。

ソファーをこっちに置いたら、テーブルはどうしよう…
とか考える時間案外好きで、中学生の頃に自分の部屋を頻繁に模様替えしていたのを思い出しました。
早いうちに形にできるよう頑張ります笑


模様替えをしたら、インテリアも変えたい欲が高まりますよね。
みなさんのお部屋の窓まわりはカーテンですか?ブラインドですか?
欠かせないインテリアで、どっちにするか迷った経験ありますよね?

機能としては同じでも、形や使い勝手が別物。
今回は、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
違いを理解してお部屋に合ったものを選びましょう。


カーテン


【メリット】
・安易に手に入る手軽さ
・遮光、遮熱、UVカットなど機能付き
・多くの種類がある
・自宅で洗濯でき、お手入れ簡単


【デメリット】
・部屋を狭く見せてしまう
・水を使う部屋には不向き




カーテンはブラインドより遮光や、視線を遮る性能が高いので、
「寝室」や「子供部屋」などプライベートスペースに適切です。

子供部屋にブラインドを付けると、上げ下げする紐にお子さんの腕や首が絡まる危険性もありますので子供部屋にはカーテンが安全だと思います。
カーテン ブラインド ならリフォ




ブラインド


【メリット】
・スタイリッシュな見た目
・視線を遮りつつ、光や風を取り込める
・アルミ、木製、布製など素材もさまざま


【デメリット】
・お手入れがしにくい
・光を完全に遮るのは難しい
・窓を開けているとき、風で窓枠などに当たって音がする




ブラインドは、採光や通気性を調整できるので、
「リビング」など日当たりのいい部屋におすすめします。

小さなお子様がおられる家庭には、紐なしや、紐のループが小さいものなどあるので、安全性高いものもありますのでそちらを選びましょう。

木製のブラインドもあるので、和室にも似合います。
カーテン ブラインド ならリフォ



どちらか迷ったら、ダブル使いも!


どちらにするか迷ったら、両方取り付ける方法もあります。
ブラインドをレースカーテン代わりに使用することで、採光、視線も遮ってくれて通気性も良くなります。
夜はしっかりカーテンを閉めておけば、プライバシーも守れます。

お部屋にあったものを選んで、快適にお家時間過ごしましょう。





新築やリフォームのご相談ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。



私たちは地元の奈良県奈良市・生駒市・大和郡山市・香芝市・橿原市・大和高田市・御所市を中心に
キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・トイレ・洗面所などの水まわりのリフォーム工事の専門店です。
小さな工事でも喜んでお伺いさせていただきます。
ならリフォ(フリーダイヤル:0800-200-0155)までお気軽にお問い合わせください。
現場調査・見積もりは無料です。